“天使の分け前”とは?

ウイスキーなどが樽の中で熟成されている間に、年2%ほど蒸発して失われる分のこと。
10年もの、20年ものと年数を重ねるごとにウイスキーは味わいを増し、それとともに天使の分け前も増していく。

イントロダクション

日々を懸命に生きるすべての人に、幸せあれ。
願いをこめて名匠ケン・ローチ監督が贈る
笑顔と涙と喜びにあふれた、感動のエンディング!


初めて巡りあった、尊敬できる大人の存在
それは人生を一変させる、かけがえのない出会い

予期せぬ巡りあわせから転機が生まれることがある。主人公ロビーは、いみじくもトラブルの償いの場で“人生の師”ハリーと出会った。上等なウイスキーで赤ん坊の誕生を祝い、グラスゴー郊外の蒸溜所へと連れだし、恋人と息子との生活を手放さぬよう諭す、父親のような存在に。職もなく、恋人の家族からも疎まれる落ちこぼれが、初めて信じられる大人に出会い、過去との決別を固く誓う。そして、キルトをまとって人畜無害のウイスキーオタクに扮した連中とともに“ロビー流のやり方”で明るい未来を手繰り寄せていく!
——人は変わることができる。明日も変えることができると改めて気付かせてくれ、ありふれた日常にこそかけがえのない出会いが待っていることを予感させてくれる、そんな物語なのだ。

英国の至宝ケン・ローチの最大のヒット作は
ユーモアと人情たっぷりの新境地

カンヌ国際映画祭の最高賞〈パルムドール〉に輝く名匠ケン・ローチは、これまでも『ケス』『SWEET SIXTEEN』などで厳しい現実から抜けだそうともがく若者と向きあってきたが、本作は一転、愛と人情とユーモアにあふれ、笑いあり、涙あり、スリルも満点!若者が直面する問題を見据えながら、はみだし者ではあるけれど陽気な登場人物を親しみと温もりをもって描きだす。スコットランド版『フル・モンティ』と絶賛され、感動作『ブラス!』にも連なる本作は、30本を超えるローチ作品の中でも英国における最大のヒットとなった。脚本は、監督の長年の盟友ポール・ラヴァティ。この名コンビが熟成させたウイスキーのように、香り高く軽快で、アフターフレーバーこそが醍醐味の逸品をぜひご賞味あれ!


ストーリー

スコッチウイスキーがもたらす“人生の大逆転”!
痛快にして心温まる、ハートフル・コメディ


スコッチウイスキーの故郷スコットランド。育った環境のせいでケンカ沙汰の絶えない若者ロビー(ポール・ブラニガン)は、恋人レオニー(シヴォーン・ライリー)と生まれてくる赤ん坊のために人生を立て直したいが、まともな職も家もない。
またもトラブルを起こし、刑務所送りの代わりに社会奉仕活動を命じられたロビーは、現場の指導者でありウイスキー愛好家であるハリー(ジョン・ヘンショー)と、3人の仲間たち(ガリー・メイトランド、ウィリアム・ルアン、ジャスミン・リギンズ)と出会う。ハリーにウイスキーの奥深さを教わったロビーは、これまで眠っていた“テイスティング”の才能に目覚め始める。ハリーのおかげで初めて自分に自信を持ち始めたロビーだが、レオニーと息子との平穏で安定した生活を手に入れるためには、大きなチャンスが必要だ。ある日、オークションに100万ポンドもする樽入りの超高級ウイスキーが出品されることを耳にしたロビーは、人生の大逆転を賭け、仲間たちと一世一代の大勝負に出る!
100万ポンド=約1億4,000万円(1/7時点)

監督

ケン・ローチ

1936年6月17日、イングランド中部・ウォリックシャー州生まれ。電気工の父と仕立屋の母を両親に持つ。高校卒業後に2年間の兵役についた後、オックスフォード大学に進学し法律を学ぶ。卒業後、劇団の演出補佐を経て、63年にBBCテレビの演出訓練生になり、翌年演出デビュー。67年に『夜空に星のあるように』(67)で長編映画監督デビュー。2作目『ケス』(69)でカルロヴィヴァリ映画祭グランプリを受賞。その後、ほとんどの作品が世界三大映画祭などで高い評価を受け続けている。カンヌ国際映画祭では、『麦の穂をゆらす風』(06)がパルムドールを獲得し、国際批評家連盟賞を『Black Jack』(79/未)、『リフ・ラフ』(91)、『大地と自由』(95)が受賞、本作同様、審査員賞には『ブラック・アジェンダ/隠された真相』(90/未/WOWOWにて放映)、『レイニング・ストーンズ』(93)が輝いている。最新作はドキュメンタリー映画の『The Spirit of ‘45』(13/製作中)。


キャスト

ポール・ブラニガン〈ロビー〉

役柄と同様、スコットランドのグラスゴー育ちで、幼い息子を持つ若き父親でもある。演技経験はなかったが、脚本家ポール・ラヴァティが本作のためのリサーチの過程で出会い、最終的にケン・ローチ監督が主役に抜擢した。
本作でBAFTAスコットランド賞の主演男優賞を受賞し、英国インディペンデント映画賞の新人俳優賞にもノミネートされた。ジョナサン・グレイザー監督『Under the Skin』(12/未)ではスカーレット・ヨハンソンと共演している。

ジョン・ヘンショー〈ハリー〉

1951年、イングランドのマンチェスター生まれ。ケン・ローチ監督『エリックを探して』(09)で英国インディペンデント映画賞の助演男優賞を受賞。
他の出演作に、ショーン・ビーン主演『ドリーム・ゴール』(96/未/ビデオ)、ロバート・カーライル出演『リトル・ストライカー』(00/未/DVD)、アンドリュー・ガーフィールド出演『レッド・ライディングI:1974』、『レッド・ライディングIII:1983』(ともに09/未/スター・チャンネルにて放映)など。TV出演も多い。

ガリー・メイトランド〈アルバート〉

スコットランドのグラスゴー南部キャッスルミルク地区に在住。ケン・ローチ監督の『SWEET SIXTEEN』(02)と『明日へのチケット』(05)に出演。本作は3本目の映画出演作となる。

ウィリアム・ルアン〈ライノ〉

1985年、スコットランドのグラスゴー生まれ。ケン・ローチ監督『SWEET SIXTEEN』(02)の主人公の親友役で映画デビューし、英国インディペンデント映画賞の新人俳優賞にノミネート。『明日へのチケット』(05)、『麦の穂をゆらす風』(06)にも出演した。
他の出演作は、カーター・ファーガソン監督『Fast Romance』(11/未)、キアラン・エヴァンズ監督『Kelly + Victor』(12/未)など。最新作はパディ・コンシダイン共演『Honour』(13/未)。プロのDJでもある。

ジャスミン・リギンズ〈モー〉

オーディションを経てモー役に選ばれ、本作で映画デビュー。過去には、2008年にTVシリーズ「Empty」の挿話に出演したことがある。

シヴォーン・ライリー〈レオニー〉

スコットランドのグラスゴー郊外の町エアドリー出身。これまでの出演作は、ジョン・ハリソン監督『クライヴ・バーカー 血の本』(09/未/DVD)、リー・ハッチョン監督『The Clan』(09/未)など。

チャーリー・マクリーン〈ロリー・マカリスター〉

スコッチウイスキーの世界的権威。1981年からスコッチについての執筆を始め、92年にはスコッチウイスキー研究所で評価法を正式に学ぶ。これまでに多くの著書を出版。英国のみならず国外20カ国以上のウイスキー会社、大学、クラブ、ラジオ、TVなどでテイスティングや講習を行ない、オークション会社ボナムズのウイスキー顧問も務めている。
長年のスコッチへの貢献により、92年にザ・キーパーズ・オブ・ザ・クエイクにキーパー(会員)として迎えられ、2009年には最も名誉あるマスター・オブ・ザ・クエイクの1人に選ばれた。

ロジャー・アラム〈タデウス〉

1953年、ロンドン生まれ。ケン・ローチ監督『麦の穂をゆらす風』(06)に出演。スティーヴン・フリアーズ監督『タマラ・ドゥルー〜恋のさや当て〜』(10/未/WOWOWにて放映)でイブニング・スタンダード英国映画賞ピーター・セラーズ・コメディ賞を受賞。 他の出演作に『Vフォー・ヴェンデッタ』(05)、『クィーン』(06)、『スピード・レーサー』(08)、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(11)、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(11)、『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』(12)など。ローレンス・オリヴィエ賞主演男優賞受賞の舞台俳優でもある。

—主人公ロビーが出会うスコッチウイスキーと蒸溜所―

モルト・ミルオークションにかけられるスコッチ。モルト・ミル蒸溜所は1908年、アイラ島のラガヴーリン蒸溜所の敷地内に、サー・ピーター・マッキーが伝統的アイラモルトの製造を志して創業。小規模で生産量は限られていた。1962年にラガヴーリンに併合されて以来半世紀、コレクターの垂涎の的となり、贋物も出没するほど。樽入ともなれば法外な金額で取引されるだろう、超高級ウイスキー。

ラガヴーリン16年エジンバラでのウイスキーの会で講師ロリーが「実にエレガントなアイラ島のプリンス」と賞賛するシングルモルト。アイラ島はスコットランドでも特に泥炭(ピート)が豊富で、ラガヴーリン蒸溜所のほかにボウモア蒸溜所などが海辺に点在する。

その他、劇中で登場するスコッチ スプリングバンク32年 クラガンモア

バルブレア蒸溜所オークション会場として登場する、北ハイランドにあるスコットランド最古の蒸留所のひとつ。1790年創業。ドルノック・ファースという入江に近く、風光明媚。

その他、劇中で登場する蒸溜所 グレンゴイン蒸溜所 ディーンストン蒸溜所
〈スコッチウイスキーの生産地〉 スコットランドの中でもハイランド、スペイサイド、ローランド、アイラ島、キャンベルタウン、アイランズ(島々)の6地区に分けられ、国内全体で120の蒸溜所がある。特にスペイサイドとハイランドに多い。

コメント

私もひとり、立ち直らせることのできなかった青年がいます。
未だに愛しているのですが、無念の気持ちでいっぱいです。
この映画は、私にとって教訓でした。

海老名香葉子(児童文学エッセイスト)

笑って、笑って、泣いた。
人生に何度失敗しても大丈夫と思わせてくれる希望に満ちた映画だ。
さすが、ケン・ローチ!

鎌田 實(医師・作家)

スコットランドの綺麗な景色を背景に、やんちゃな彼らが観ていて爽快!
スコッチを通してこんなドラマもあるんですね。彼らに乾杯♪

アリス(モデル)

“天使の分け前”というタイトルで、何の情報もないのに観てみたいと思いました。タイトル通りの観終った後味の良かった事!
100万ポンドもするスコッチ味が口の中に広がるような素敵な作品です。

ピーコ(ファッション評論家・シャンソン歌手)

色々書いたら見る前のみなさんに中味言ってしまいそう。どーしよ。たまらん。キルトをはいたあたりから「うわー」の連続。これからモルトを飲む時にはこの映画がまた蘇るわ。経験や歳を重ねることでモルトの味は分かってくる。分け前をもらう・あげるとは、モルトをうまいと言える・言わすと同じ。両方、心から言いたいね。

綾戸智恵(ジャズシンガー)

彼はすさんだ青年だった。しかし彼が自分の才能に気付くきっかけを与えてくれた大人がいた。信じてくれる人と出会うことが人生をこんなにも変えてくれるのだと改めて思う。

上柳昌彦(ニッポン放送チーフアナウンサー)

ちょっとした人との出会い、めぐりあいによって人は変われるんだということを教えてくれる映画。わが国で広がる貧困問題を解決する「鍵」がここにある。

宇都宮健児(反貧困ネットワーク代表・弁護士)

悪童どもは確かに天使から分け前をもらった。
けれど、そのままで済むか済まないかのサスペンスがお見事、三ツ星。
その分け前の行方をぜひアッと言っていただきたい。私と同じように。

小山内美江子(脚本家)

卑弥呼様ーーー!!
素晴らしい映画に出会いました!!
観終わってほっこりした気分になりウィスキーがのみたくなりました。
そして親やお世話になった人たちに会いたくなりました。
この映画テイスティングしたら気持ちよく酔いしれます。

ハイキングウォーキング(お笑い芸人)

シリアスとコメディの見事な調和
天使のやさしさと彼らがキルトを履くトンデモナイ理由を、
スコッチの蒸溜所でウィスキーにすれば、素敵な『天使の分け前』ができるかもしれない

高橋マリ子(モデル・女優)

自分を変えてくれる人との出会いと出会いにより目覚めていく才能、人生を変える大胆な作戦、その舞台となるスコットランドの景色にのめり込みました。
どうも、のめり込み蔵です。誰か僕にも天使の分け前を!

オジンオズボーン篠宮(お笑い芸人)

この映画の主人公ロビーはどんだけどん底の人生やったとしても、人との繋がりやきっかけさえ作れば大逆転出来る事を教えてくれる映画でした。
おっちょこちょいで憎めない仲間たちとのやりとりもほのぼのしてて笑えました!

オジンオズボーン高松(お笑い芸人)

ウイスキーが登場する映画は今までにもあったが、スコッチウイスキーが“主役”とも 言える映画は、これが初めてではないか。とにかくウイスキー愛に溢れていて、思わずウイスキーが飲みたくなる。ウイスキーファン必見の映画である。

土屋 守(ウイスキー評論家・スコッチ文化研究所 代表)

主役のポール・ブラニガンに惹きつけられて、気がついたら主人公を応援しながら観ていました。幸せな気持ちになれる作品です。

春風亭小朝(噺家)

 人と人、人と物とが熟成され、
ユーモアの樽からひとしずく・・・。
スコットランドからおこぼれ頂戴、
笑ったあとの分け前は、何と感動。

藤村俊二(俳優)

〈敬称略/順不同〉

最新情報


DVD発売記念イベントのお知らせ!

『天使の分け前』DVD発売(11/8)を記念して、
映画を鑑賞しセリフやカルチャーなどについて知る
「上映会&ワークショップ」を開催します!

日時:9月28日(土)17:30〜19:45
場所:ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール(飯田橋本校)
定員:50名

*こちらのワークショップは、ブリティッシュ・カウンシル英会話スクールの
スコットランド出身の専任講師により英語で行われます(英語レベル:中級程度)

スコットランドに興味のある方、英語で映画を楽しみたい方、
また 『天使の分け前』が観たいという方どうぞご応募ください!

★予約方法やイベント詳細は<ブリティッシュ・カウンシル>公式サイトをご覧ください


◇『天使の分け前』DVD発売情報◇

2013年11月8日(金)DVDリリース決定!

geneva ny webcams
【価格】¥4,935(税込) 【発売・販売】角川書店
http://pleasantvalleysanctuary.com/vm-new-singles-out-right-now/
★特典映像&ウイスキーの豆知識入オリジナル・コースター3枚セット付
web cam spys
セル展開図 arc one singles 540

*DVDのパッケージデザインは変更となる場合がございます http://funtasticsplit.com/singles-pakistan-for-chinese-y7sq/

【ジャパン×スコットランドフェスティバル2013】タイアップ情報

長野県〈ホテルグリーンプラザ白馬〉では6/29(土)30(日)
“日本とスコットランドの文化がひとつに!”国境を越えた友好交流の祭典 http://forklift-nj.com/dating-lunch-with-priviledges-iq/
【ジャパン×スコットランドフェスティバル2013】が開催されます!
J×Sロゴ

7/6(土)より劇場〈長野ロキシー〉でも公開となる『天使の分け前』is casual sex appropriate
【ジャパ×スコ】がタイアップ!開催地の free online sex sim games “白馬” にちなんで、
スコッチの定番「ホワイトホース」《世界の飲み放題》のメニューにラインナップ!

ホワイトホース
ホテルでのご夕食時にお申込み頂けるドリンク・オプション http://nycmarketingpartners.com/5et-online-older-black-people-dating-serrvice.html
スコッチウイスキーを含む世界各国の代表的なお酒をご堪能ください!

《世界の飲み放題》¥1,575(税込)

*飲み放題のみのご利用はできません

実施期間:6/1(土)〜6/30(日)
実施時間:18:00〜21:00
会場:ホテルグリーンプラザ白馬内 レストラン「アルプス」

その他、スコットランドの文化を体験できるイベントが盛り沢山♪
詳しくは【ジャパ×スコ】公式サイトをご覧ください

上映劇場情報


2013.12.25現在