映画『コーヒーが冷めないうちに』あらすじと無料視聴配信フル動画|有村架純主演の泣ける映画

 

 

あなたは『コーヒーが冷めないうちに』という映画をご存じでしょうか?

この記事では

・『コーヒーが冷めないうちに』の魅力や感想

・『コーヒーが冷めないうちに』を無料で視聴できる方法

・その他『コーヒーが冷めないうちに』に関すること

について書いています。

次の章から、上記について詳しく説明していますので、ぜひ最後までご覧ください!

 

映画『コーヒーが冷めないうちに』の無料視聴配信フル動画を見る方法

『コーヒーが冷めないうちに』を視聴するには、配信動画サービスを利用するのがおすすめですよ!

配信動画サービスとは?

毎月定額支払いをすることで、あらゆるジャンルの動画が見放題になるサービスのことです。

そんな配信動画サービスですが、実は無料で使える「お試し期間」があるんです。

「お試し期間」中に解約すれば、実質『コーヒーが冷めないうちに』を無料で視聴することが出来ます!

『天使の恋』が視聴出来る動画配信サービスは以下の通りです。

U-NEXT       ◎  31日間  

Amazonプライム   ◎   30日間

Hulu         ×   2週間

TSUTAYA DISCAS  ◎  31日間

dTV         ◎  31日間

 

その中でも、U-NEXTがおすすめで、理由は以下の通りです。

・見放題作品数NO.1の実績あり!

・動画以外に本や音楽も利用できる

・ダウンロード機能があるからデータ量の心配もナシ!

ぜひU-NEXTを利用して『コーヒーが冷めないうちに』を無料視聴しましょう!

 

映画『コーヒーが冷めないうちに』のあらすじとネタバレ

あらすじ①【絶妙なファンタジー映画に仕上がっています!】

映画『コーヒーが冷めないうちに』は「フニクリフニクラ」という自分が行きたい過去に戻れるタイムリーブができる不思議な喫茶店が舞台となっています。

しかし、この喫茶店には、タイムリーブするにあたって「過去に戻れるのはコーヒーが冷めるまでの10分程度の時間」や「この喫茶店に来たことがある人物のみ会える」、「冷めるまでにコーヒーを飲みきらないと2度と戻ってこれなくなってしまう」など細かなルールがいくつも用意されています。

この細かなルールがあるからこそファンタジー要素がありつつ、どこか現実味を帯びている。そんな絶妙なさじ加減を演出しています。

タイムリーブで過去に戻り、大切な人々に出会った中でたくさんの気付きを得て、自分の未来へ1歩近づいていく。そんな心温まるような素晴らしい映画です。

 

あらすじ②【4つのエピソードで構成されているところにも注目!】

この映画は、「死んだ妹に会いたい女性」や「幼馴染みに思いを伝えたい女性」などの4つのエピソードで構成されているオムニバス形式で、話の内容がとても理解しやすいのが特徴です。

また、この映画の凄いところが、4つのエピソードがただ流れるだけでなく、上手く絡み合いながら構成されているんです!

この効果もあり、この映画はラストスパートまで盛り上がりを途絶えることなく視聴できますよ。

そして、なによりどのエピソードでも泣けます。どのエピソードも構成や展開が上手く、最後に感動して次のエピソードを見るような流れになっています。

4つのエピソードの絡み合っているところもしかり注目するとなお楽しめる映画に仕上がっています。

 

映画『コーヒーが冷めないうちに』の評価

全体的な評価を見てみると、かなり高評価だという印象を受けました。

評価をしているほとんどの方が「感動した」「素敵な映画でした」とコメントしていて、感動できる素敵な映画だということが分かりますね。

また、「各エピソードも面白い」というコメントもあるため、映画自体の内容も面白いことが伝わってきます。

 映画『コーヒーが冷めないうちに』をまだ1度も視聴していない方は、この機会に視聴してみてはいかがでしょうか?

 

映画『コーヒーが冷めないうちに』の感想-4回泣ける映画

4つのエピソードで構成されているオムニバス形式で、どのエピソードもとても感動できる映画でした。

この映画のキャッチコピーである「4回泣ける映画」ということもあり、その期待に見事に応えてくれました。

どのエピソードも感動したのですが、特に最後のエピソードがとても良くできていて、ただひたすらに泣いてしました。

各エピソードも良いのですが、並行して進む時田数(有村架純)と新谷亮介(佐藤健太郎)の恋愛模様にも注目すると、さらに映画を楽しむとができますよ!

「過去の戻れる喫茶店」というファンタジー感強めの印象の中、どこか現実味を帯びているような新しい感覚の映画でした。

 

映画『コーヒーが冷めないうちに』キャスト一覧

時田数:有村架純

映画『コーヒーが冷めないうちに』の主人公

不思議な喫茶店「フニクラフニクラ」で働いていて、彼女の淹れるコーヒーが過去にタイムリーブ奇跡をもたらした。

 

時田流:深水元基

時田数(有村架純)の従兄弟で、不思議な喫茶店「フニクラフニクラ」のマスターをしている。常連客を常に見守っている。

 

新谷亮介:佐藤健太郎

時田数(有村架純)に思いを寄せている男子大学生。

原作に存在しないキャラクターで、映画『コーヒーが冷めないうちに』のオリジナルキャラクター。

 

映画『コーヒーが冷めないうちに』の原作との違い

映画『コーヒーが冷めないうちに』は、大きく2点原作と違っている点があります。

まず、1点目が、上記でも紹介しています「新谷亮介(佐藤健太郎)」が映画『コーヒーが冷めないうちに』のオリジナルキャラクターで、原作には登場していないという点です。

映画では、ストーリーに加え、この2人の恋愛模様を描いています。

そして、2点目が、原作で時田流(深水元基)の妻として登場している時田計というキャラクターが映画には登場していないという点です。

映画では、時田流(深水元基)は独身という設定になっています。

 

映画『コーヒーが冷めないうちに』のロケ地と舞台

そんな映画『コーヒーが冷めないうちに』のロケ地と舞台を紹介していきます。

横浜美術大学

神奈川県横浜市にある美術大学。

映画では、新谷亮介(佐藤健太郎)が通っています。

 

Paws Club(パウズ・クラブ)

神奈川県横浜市にあるドットトリミングサロン。

映画では、不思議な喫茶店「フニクラフニクラ」の外観として登場しています。

※内装はセットのようです。

 

映画『コーヒーが冷めないうちに』まとめ

映画『コーヒーが冷めないうちに』のあらすじやネタバレ、キャスト陣など様々な角度から紹介していきました。

映画『コーヒーが冷めないうちに』が過去に戻って大切な人との出会いで未来へ前進する心温まる感動できる映画だということが分かりましたね。

まだ映画『コーヒーが冷めないうちに』を視聴していない方も1度視聴している方も、今回のネタバレを見た後に視聴してみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です